« ハダニとの格闘 | トップページ | EPSONのプリンタドライバがインストールできなくなる現象 »

『ハリー・ポッター アズカバンの囚人:Harry Pottar_Prisoner of Azukaban』

Harry Potter _ Prisoner of Azkaban を見ました!!

これまでの2本も見たのですが、そのときはこのblogがなかったので、感想を書くのは初めてです。
ちなみに、私は本も読んでます。(上司のお子さんに借りた(・・;))


本でもそうですが、これまでの2本は沢山出てくる登場人物の紹介が主のような気がしていました。
そうなると圧倒的に本のほうが描写が多いので、やはり映画は映画だ・・・という印象でした。


さて、3本目ともなると、随分話が前進します。
ハリーの両親のことも前2作よりずっと分かってきますよね。
そんなわけで、映画のほうも楽しかったですよ!
暗い話を暗示するかのような、ホグワーツ行き列車の雨のシーンや、ハリーがディメンターと対決するシーンなど、印象に残るものも多かったです。
本と比較すると物足りないのは仕方がないですね。


私は話が分かっている分、俳優陣のほうにも目がいきました。
ケッサクなのはトレローニ先生を演じたオスカー女優、Emma Thompson でしょう!!

私が彼女に惚れたのは、『いつか晴れた日に"Sense and Sensibility"』(この作品でアカデミー脚本賞も受賞)を見たときから。
Kate Winslet(タイタニックの主演女優ですよ!!)も出ていたこの作品、時としてコミカルな彼女の演技に惚れちゃいました。
かなりオススメ映画です!!
(ちなみに彼女の元夫、ケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)は、2本目の『秘密の部屋_Harry Potter and the Chamber of Secrets 』で、アホな先生、ギルデロイ・ロックハートを演じています。)


話がそれましたね・・・
とにかく、Emmaの分厚いめがねに笑い転げました。
(観客が少なかったのです。夜中に見たので・・・)
それから、シリウス・ブラックを演じたゲーリー・オールドマン(Gary Oldman)も、なかなかでした。
最初の印象はハリーの両親を裏切った人ってことですから、ぴったり!
彼が、こんなおとぎ話に出ること自体、驚きですけど。
きっと皆、楽しんで演じたんでしょうね~


ところで、お子様から大人まで人気のハリー・ポッターですが、私が気に入っている本はこれだけではありません。
昔から本のムシなので、いわゆる児童文学は沢山読みました。
気に入っていたのは、
1.『大草原』シリーズ
 大きな森の小さな家~我が家への道
 最後のほうは少し大人向けかしら。
2.『ジム・ボタンの冒険』1,2
 Never ending storyの作者、ミヒャエル・エンデの作品。
 とっても楽しい!
3.MOMO
 同じくエンデ作品。
 設定自体が大変面白く、実写版ができたときもわざわざ映画館に足を運びました。
4.『長靴下のピッピ』シリーズ
 これも楽しかったですね~
 しかし、最初に読んだときは「ながぐつ・した」と読んでいたので、
ピッピはすっごく小さな子だと勘違いしていましたが・・・(・・;)
 子供にありがちな勘違いです ニャハハ(*^▽^*)
5.2人のロッテ
 巨匠、ケストナー作品。心温まります。
6.いやいやえん(ぐりとぐらコンビ)
 これは何度読んだかわかりませんねぇ。
 挿絵といい、お話といい、なんだかもう大好きでした。


なんだか沢山書いてしまいましたが、こういうお話って、
ホント、幾つになってもいいもんです。


興味をもたれた方はこちら→アズカバンの囚人公式サイト

|

« ハダニとの格闘 | トップページ | EPSONのプリンタドライバがインストールできなくなる現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21377/1072800

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリー・ポッター アズカバンの囚人:Harry Pottar_Prisoner of Azukaban』:

» 日々のメモをつらつらと: ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [日々のメモをつらつらと]
★★★★☆ ハリーポッターとアズカバンの囚人 やっと観に行くことが出来ました... [続きを読む]

受信: 2004.08.21 18:16

« ハダニとの格闘 | トップページ | EPSONのプリンタドライバがインストールできなくなる現象 »