« 『ボーン・スプレマシー:The Bourne Supremacy』 | トップページ | 不機嫌なジーン、終わっちゃったな~ »

ネタバレあり『オペラ座の怪人:The phantom of the Opera』

phantom前評判の高かった『オペラ座の怪人:The phantom of the Opera』も、やっと見ることができました。

私はこの作品、あまり内容を知らずに見ましたので、Storyは、わりと素直なのね~と思いました。
おそらく、忠実に作られているんですよね?


スタートのシーンはモノクロというか、古い写真のような感じです。
埃だらけ、蛛の巣だらけのオペラ座で、オークションが行われています。
そこに姿を現したのは、かなり年をとった男女二人。
2人とも顔見知りのようですが、ことばは交わしません。


オークションはどんどん進んでいき、シンバルを叩くサルのおもちゃが出品されます。結局男性が競り落とします。
(実はファントム縁の品)

次に、「"あの事件"で落ちたシャンデリア」が出ます。
きちんと修復されています!と叫んだ後、それを実際に見るためにシャンデリアが持ち上げられるのですが、このとき!!


あの音楽とともに、一気に画面がカラーになり(赤がキョーレツ)、昔のお話がスタートするんです!!


いやーこれには驚かされました。
まさに映画ならではの演出でしょう。
CGの技術ってすごいですよね~


で、話が始まってみると・・・
主役の子、キレー!!声もキレー!!


で、終わってみると・・・
「金のかかった映画だなぁ」
の一言に尽きます。


お話は最初に書いたように結構単純なので・・・

全体的にはですね・・・
実は以前Newsweek誌に批評が載っていたのですが、まだ見ていなかったので放置していました。
で、帰って読んだところ

「まさにそれだね!(どっかで聞いたな)」

でした。

たいてい辛口な批評を書く方なんですが、
「映画の主役はセットだと勘違いする」
と書いてあったんですよ。

で、クリスティーヌが出てくるとそんなことないんだけど・・・

「そうなのよ!!」

さすがに文章を書く方は鋭いですね。
私も見習わないと。


彼女の才能はたっぷり見ましたし、セットも堪能しましたが、はて、全体としてはどうなんでしょうかね。

|

« 『ボーン・スプレマシー:The Bourne Supremacy』 | トップページ | 不機嫌なジーン、終わっちゃったな~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21377/3418754

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレあり『オペラ座の怪人:The phantom of the Opera』:

» ミュージカル映画復権の最終兵器となるか『オペラ座の怪人』 [私的東京娯楽生活]
いつの間にやら、アクセスが1000を超えておりました。 公私ともに、結構多忙であ [続きを読む]

受信: 2005.03.26 13:59

« 『ボーン・スプレマシー:The Bourne Supremacy』 | トップページ | 不機嫌なジーン、終わっちゃったな~ »