« 本契約です!~マンション購入期~ | トップページ | 婦人科に行きませんか? »

『21グラム:21 Grams』

21grams
ジャンル : ヒューマン
製作年 : 2003年
製作国 : アメリカ
配給 : ギャガ=ヒューマックス

ヒトは死んだとき、21グラム軽くなる…
というキャッチコピーのようなものにひかれて、
21グラム21 Grams』を見ることにしました。

恐ろしいことに、ショーン・ペン(Sean Penn)の映画は『俺たちは天使じゃない:We're No Angels』以来。
最近はすっかり私生活でも落ち着いたご様子。
こんな時にちょっと年齢を感じます(;^_^A


内容は、ひとつの心臓を巡って運命を引っ掻き回される人々の、
かなり救われないお話。
明るいハナシを期待してはいけません!!

1.重い心臓病を患い、移植をうけた数学者
2.その妻。仲は冷えきっているが、子供を生むことで関係修復を望んでいる
3.家族を交通事故で全員失った女。夫がドナーに
4.交通事故を起こした元受刑者。今は熱心なキリスト教徒


それぞれの行動が時間軸を無視して出てくるので、最後まで見ないとストーリーがつながらない仕掛け。


皆さん抑えた演技で大変よい映画だと思いますが、二度は見ないと思います。
どっぷり落ちこみそう…


最後に!
ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)ってニコール・キッドマン(Nicole Kidman)とキャラかぶってませんか!?

|

« 本契約です!~マンション購入期~ | トップページ | 婦人科に行きませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21377/4159114

この記事へのトラックバック一覧です: 『21グラム:21 Grams』:

« 本契約です!~マンション購入期~ | トップページ | 婦人科に行きませんか? »