« 『エーミールと探偵たち:Emil und die Detektive』 | トップページ | あなたのジンクス教えてください »

『ナイロビの蜂:The Constant Gardener』

2006/05/13公開Gardener

ジャンル : 恋愛、社会
製作年 : 2005年
製作国 : イギリス
配給 : ギャガ・コミュニケーションズ


★キャスト(役名)

レイフ・ファインズ Ralph Fiennes(Justin Quayle)
レイチェル・ワイズ Rachel Weisz(Tessa Quayle)
Hubert Kounde' .... Arnold Bluhm
Danny Huston .... Sandy Woodrow ほか


★あらすじ

英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。「じゃ 2日後に」

そう言ったはずだったのに、テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺されてしまう。

訃報は、高等弁務官事務所所長で、友人でもあるサンディによってもたらされた。

テッサは黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善する救援活動に取り組んでおり、今回もその活動のために二人で出かけたはずだった。
しかし、テッサは殺され、アーノルドは行方不明に。
しかも、実はアーノルドとテッサは不倫関係にあったという話も飛び出す。

はじめは不幸な事故として受け入れていたジャスティンだが、周囲の言動のおかしさやテッサの遺品から、彼女の死について追いかけ始める。
そして、そこに隠された世界的な陰謀を知るのだった・・・


原作はジョン・ル・カレの『ナイロビの蜂』


★感想など

結論から言うと、大変良い出来でした!!

演技に定評のある二人が夫婦役ということで見に行ったのですが、アフリカの大地は美しいし、ストーリーも深くて、久しぶりに良い映画にめぐり合った喜びでいっぱい(^^♪

こういうのがあると、やっぱり映画っていいな~と再認識いたします。


一見何の共通点もなさそうな二人でしたが、最後に分かる愛情の深さに涙が出そうになりました。

この映画でアカデミー助演女優賞を獲得したレイチェル・ワイズ。
授賞式ではおなかに赤ちゃんがいたため、「ベビーも一緒にドキドキしていたわ!」みたいな発言をしていて、本当に幸せそうでした。

これからも楽しみな女優さんです(*^_^*)

|

« 『エーミールと探偵たち:Emil und die Detektive』 | トップページ | あなたのジンクス教えてください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21377/10185594

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイロビの蜂:The Constant Gardener』:

» ナイロビの蜂 (米国盤DVD) [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: B+   画質 (ビスタ): A-/B+   音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-   英語学習用教材度: A-... [続きを読む]

受信: 2006.05.22 16:10

» 「ナイロビの蜂」96点。 [mountain77 D.Reverse side]
「ナイロビの蜂」hp とても美しい映画。 ここまでいいとは思ってなくて、レイチェル・ワイズが助演で出ているということで以前から気にしていたし記事にもしていた。時間的に鑑賞は難しいと思いつつも、ダヴィンチと海猿に奪われてしまった公開回数が2回。来週は嫌われ...... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 00:39

» 情熱に救いを見出す「ナイロビの蜂」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 予告編を見た段階では、ラブロマンスなのか、サスペンスなのか、あいまいな感じで、観ようか止めようか迷っていた「ナイロビの蜂」(フェルナンド・メイレレス監督)。会社の後輩に「よかったですよ」と勧められ、彼が言うならと思って、観に行ってよかった。映画会社の売....... [続きを読む]

受信: 2006.05.26 12:08

» 『ナイロビの蜂』 [京の昼寝〜♪]
地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・クンデ□オフィシャルサイト  『ナイロビの蜂』 それは、しばしの別れのはずだった。英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は�... [続きを読む]

受信: 2006.05.31 08:30

» 「ナイロビの蜂」を見てきました。 [よしなしごと]
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。... [続きを読む]

受信: 2006.05.31 19:51

« 『エーミールと探偵たち:Emil und die Detektive』 | トップページ | あなたのジンクス教えてください »